高血圧

高血圧について

高血圧

高血圧は、血圧の高い状態が長年にわたって継続することによって血管の内壁に過度の負担が生じる病気です。健康な人の血圧は、家庭などで日常的に測定した場合(家庭血圧)の最大血圧が135mmHg未満、最小血圧が85mmHg未満。診察室で測定する場合は、緊張感などで少し高めになる傾向がありますが、それでも最大血圧が140mmHg未満、最小血圧が90mmHg未満です。高血圧は、このいずれかが高くなった状態です。(家庭血圧を優先します)。

血圧が高くなっても、初期の段階では特に自覚症状が出現しません。しかし、その間にも血管の内側は傷ついていきます。傷によって血管内が固くなって柔軟性を失った状態となり、狭心症や心筋梗塞、脳梗塞、脳出血に罹患しやすくなります。自覚症状がないことも多いため、ついつい放置しがちですが、動脈硬化などによって命に関わる重大疾患のリスクが増していくのです。
健康診断などで高血圧が分かったときは、お早めに医療機関を受診するようにして下さい。

高血圧症の主な原因

  • 塩分の摂り過ぎ
  • 食事でのミネラル分(カリウムなど)の不足
  • 太り過ぎ(カロリーの摂取オーバー)
  • お酒の飲みすぎ
  • 精神的ストレス
  • 運動不足
  • 喫煙
  • 自律神経の調節異常

など

高血圧を放置すると

血圧が高くなっても、初期段階では殆ど自覚症状が見られません。しかし、痛みなどの異変が見られなくても、血管は負担がかかり続けているため、心臓や脳血管などに合併症が起こる危険性が増しているのです。最悪の事態を避けるためにも、早めに治療を受けるようにしましょう。

高血圧の薬物治療

高血圧を是正していくには、食事の見直しや適度な運動が重要となります。マスメディアが繰り返し報道しているので、ご承知の方も多いと思いますが、高血圧を防ぐには塩分の摂り過ぎに気を付けたり、水泳やジョギングを毎日行うことが望ましいのです。しかし、こうした健康的な生活習慣を身に付けるのは意外と大変なのも事実です。そのため、必要に応じて降圧薬を用いた薬物療法なども取り入れていきます。

降圧薬には様々な種類があるので、患者様の症状を主治医が見極め、必要なお薬を組み合わせていきます。なお、薬物療法は原則として一生にわたり継続します。お薬を服用することによって血圧は下がりますが、止めてしまうと、再び血圧が上がってしまうからです。降圧薬は継続的な服用がとても大切となるのです。

048-471-1688
〒353-0002 埼玉県 志木市 中宗岡5-16-2-2
院長名
芝原 司馬
診療内容
内科・小児科・皮膚科
最寄駅
東武東上線志木駅
:土曜日の診療時間は9:00~13:30
診療時間 日祝
9:00~12:30
15:00~18:30